高い評価

「ブラックアダ―」は日本では馴染みの薄い番組ですが、イギリスを始め海外ではとても高い評価を得ていて、現在もDVDなどを見た視聴者から「最高のコメディ!」「シットコムはこうあるべき!」と「5つ星」のコメントがSNSなどで寄せられています。

ba3.JPG2000年にはシリーズ4作目の「Blackadder Goes Forth」がイギリス映画協会の「イギリス・テレビ番組ベスト100」で16位にランクインし、また全作を通して2004年にはBBC放送の「イギリス・ベスト・シットコム」ランキングで2位、イギリス雑誌「Empire」では「20世紀のベストTVショー」に選ばれました。

脚本は、シリーズ1作目はリチャード・カーティス(「Mr. ビーン」の脚本)とローワン、2作目以降はリチャードとベン・エルトンによるもの。計算しつくされた脚本です。