ローワンのコメント

ローワンは、BBC放送のインタビューで「ブラックアダ―」について次のようにコメントしています。

「暗く深刻な状況の中にコメディを盛り込めば盛り込むほど、喜劇の閃光が一層増して輝き放つことがあります。『ブラック1364213_aaf27b31アダ―』にはそうした効果が多く見られました。リチャードとベンの素晴らしい脚本のおかげです」

「シリーズ最終話(『Blackadder Goes Forth』、舞台は第一次世界大戦中の西部戦線の塹壕)のリハーサル1週間、残りのエピソードも今までと変わりのないコメディだと分かっていたのですが、役者人生で初めて胃の中がよじれた感覚に陥りました。役に入り込んだのでしょうね。自分は運命にあると。あの1週間は驚きでした」

役者ローワンの作品に対する真摯さが伺えますね。極めて真剣にコメディと向き合い、作品を作り上げています。